南里秀子が主催する「猫の森」とCSなんりの最新情報
by csinfo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
カテゴリ
全体
最新ニュース
メディア紹介
ワークショップ
イベント
WS参加者の声
採用情報
未分類
リンク
猫の森株式会社猫の森

なんりひでこのBlogブログ南里秀子のご機嫌元気のバナー

猫の森スタッフBlogキャットシッタースタッフブログ猫の森だよりのバナー

なんりひでこの猫よろず相談

猫の森株式会社
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

猫の學校 受講者の声 続々!!
いろんな本やテレビ・インターネットなどで
自分が少しずれている?少数派?と思っている部分が多くて
でも、猫の學校に行ったら これでいいんだ・大丈夫だと
こころが軽くなるところがたくさんありました。

2日間、そばにいてくれた ちいちいにも たくさんの事を教わりました。
ありがとう、ちいちい(他の猫師匠にもたくさん感謝しています)

2日間は本当に本当に楽しい時間でした。
いつか自分が猫のわの中でできることがあるかも・・・と
そう思っています。

(H.F様)


南里さんのお話はまさに、生きた授業と言った感じで
例外なく私も目ウロコを実感させて頂きました(笑)

堅苦しい講義ではなく笑いあり涙あり、可愛らしい猫師匠たちと共に、
また素敵な猫仲間様たちとも貴重な意見交換ができとても充実した2日間でした。

南里さんのお話は、どこかからの聞きかじりは一切なく
すべてご自分の目と感性で感じ取り、疑問は現場へ直接赴いて確認する等、
実体験に基づいた知識を私たちに与えてくれますので言葉の一つ一つに大変重みがあります。

また、猫に関することだけでなく自分自身を見つめ直す機会を与えて下さったことも感謝しています。
Oリングテストの「すみません、ありがとう」で、
私はありがとうの時にOリングが開いてしまいまして…。
実は私はこれまで、家族に対しては感謝の言葉を伝えるのが苦手で
はっきり言葉に出して表現する事があまりありませんでした。
その深層心理が表面化した瞬間だったのかも?恐るべしOリングテスト!(笑)

参加前は不安もありましたが、終わってみると充足感でいっぱいです。
今回得た知識を基に、猫たちから一目置かれる存在になれるよう頑張ります!

ご機嫌元気な出会いに感謝☆
(Y.H様)


楽しいお話を聞きながら「あ~、なるほど!」とメモをとったり、
うちの猫のことを考えてみたり、
またしてもとても楽しいひとときでした。

心の中にくすぶっていた小さな不安が解消し、
猫と私の生活がどんどん幸せになっていることを実感しています。
どうもありがとうございます。

来月の「後編」の受講がとても楽しみです。
(M.M様)


テキストの内容も十分充実したもので楽しく有意義な學びになり、
さらにラッキーなことに今回は桜舎開催の回に入れて、
なんりさん+猫師匠特別出演のねこ友実演、爪切り&コーミング実演は特に勉強になりました!
目標は猫にウケる(一目置かれる)同居人、今回の學びをもとに実現させたいです♪
(T.K様


あっという間の2日間で、とても楽しく沢山のことを学ぶことが出来ました。
この2日間は、私にとって大きな財産になったと思います。
以前受講された方の「生き方変わる」の一言は本当でした。

猫の生涯を供に経験していないとわからない貴重なお話を沢山語って下さったことや、
生活面での些細な相談等に丁寧にご回答をくださり、本当にありがとうございます。
桜舎はとっても居心地が良いため、ついつい色んなことを聞いてしまい、
かなり不躾な質問をしたと反省しております。大変失礼致しました。

猫族(妄想族)の方と気持ちをシェアすると格別なスッキリ感がありますね。不思議です。
とても楽しく過ごすことが出来ました。

また是非猫の森ワークショップに参加したいです。
(M.S様)


再受講ですが、講座はやはりめちゃくちゃ楽しくためになりました。
変わらず落語を聞いているようにテンポがいいので、あっという間に夕方になっていました。
もっと早く来ればよかったなぁと思いました。

二日目の今日も更に気付きと偶然の連続で、やはり猫の森は不思議、
来ると必ず何か得るものと同時に、あらたな自分自身への課題が生まれます。

また、なるほどと思わされたのは、手当てによる癒しのお話で、
私も日頃から手当ての力を感じているのですが、
7年前父が亡くなる前に、病院でなんとか私のハンドパワーで治してみせるとばかりに
父の手や足にずっと手を当てていました。

ところが寝ているはずの父が、足を私の手から遠ざけようとしたのです。
無知な私は、その足をまた戻して手当てを続けました。
しかし、あれはもういいよ、と言う父のサインだったのかも知れません。
彼らの自然治癒力を信頼することが大事だったのですね。

他にもたくさんの気付きがあり、昨日に続きとても濃密な時間を過ごすことが出来ました。
(M.N様)




私は「猫の學校」前編に参加してきました。

學校の「學」という文字がなぜ難しい方の漢字なんだろう・・・?
と、不思議でした。
その答えは、第1話の一番最初に解明されました。

とてもとても楽しい一日でした!

ここで、感じたこと、学んだことを上手く言葉にするには、
もう少し時間が必要な気がします。
猫のことって、相談する相手がなかなかいなくて、
色々と行き詰ってしまいそうなことがありましたが、
ワークショップを終えたあと、「ああ、大丈夫なんだ」と思えている自分がいます。

確実に言えるのは、南里さんのあの笑顔と、可愛い猫ちゃんたちに出会うだけでも、
参加する価値があるということです。

不思議なことが。
他の猫のにおいをたっぷりつけて帰宅したのに、
2匹とも、あまり怒りませんでした。不思議不思議。

楽しかった~
後編も必ず参加します。
(A.K様)



南里さんのお話は愉しくて愉しくて、
二日ともずっと笑っていたような気がします。
でも、愉しいだけではありませんでした。
わたしなどがこんなことを言うのは失礼かもしれませんが、
南里さんのことば、声、姿、仕種、すべてから滲み出てくる
猫さんたちにたいする想いを体感させていただいたのは、
なにより貴重な体験だったと思います。
南里さんを見あげるなっちゃんの、うっとりするような眼差し。
それを見て、わたしまでうっとりしてしまいました。
(じつは、恥ずかしながら、うるうるっときてしまいました)
ゆたかな時間をありがとうございました。

尻尾のある彼らと接していつも感じるのは、
その「受け容れる力」の大きさです。
懐が深い、というのでしょうか。
気づくと奥歯をぎりぎりと噛みしめていることの多い日常でも
彼らと一緒にいる時間は、笑顔しか出てこないんですよね。
自然と、ありがとう、ということばを口にしている自分がいます。
猫とともに人間も学べる猫の學校。腰パンもさせてもらえて嬉しかった。
感動、感激、感謝という校訓がまっすぐ胸に迫ってきた二日間でした。
(R.S様)



今日は本当に楽しかったです。
そして、とても心地が良く、素敵な時間を過ごせました。
また、遊びに(お勉強?)に行かせていただきます。

スガイさんの初仕事終了日に立ち会えた事も嬉しかったです。
あの可愛らしいお顔に、ハラハラ落ちる涙、気持ちが伝わってきて
こっそり、目頭をぬぐってしまいました。

たった1回しか受講していないくせに、こう言うのもなんですが、
南里さん、猫の森を作ってくださってありがとう!
預ける猫もいない、また、シッターでもない私なのですが、帰宅途中、ずーっと
その感謝の気持ちでいっぱいでした。
(M.M様)



大変興味深いお話を沢山お聞きすることが出来、
とても有意義な時間を過ごすことができました。
南里先生のお話を聞いて、これからの私の生活も良いほうに
どんどん変わっていく予感がしております。

ところで、実は今日の帰宅途中、同じ敷地内に住んでいる姉から
姉の猫が行方不明になってしまったというメールが飛び込んできました。

おそらく半べそをかきながら愛猫を探しているであろう姉に、
「大丈夫!避妊した猫はテリトリー20mくらいだそうだから、
近くを探せばきっといるよ!」とメールを返すことができ、
帰宅後、昨日教わったばかりの捜索方法でしばらく一緒に捜索しました。

そして、近所を一周して家に戻ったところ、ひょっこり庭から出てきて、
自分から部屋に戻っていきました。(庭は一番最初に探したはずなのですが・・・)

落ち着いて励ましたり捜索できたのも、昨日お話を聞いていたからです。
こんなに早く役に立つなんて!感謝を申し上げたく、メールをいたしました。
ありがとうございました。

猫の学校 修了生 57番



「もっとしてあげられる事があるはず」「良い飼い主になりたい」と
猫の學校に参加させて頂きましたが
受講を終えて「仲良くやろうぜ同居人」でいっかぁ~と思ってます。
ご参加のみなさんの悩みを聞いてみると、私ってあんまり猫の事で困ってないなあと
も。
せいぜい体型がツチノコな位で…

来年15歳なので厄年に気を付けて
(良く思い出したら脚を痛くしたのが12歳です!猫の厄年当たってると思います)
少しでも長く時間を共有したいと思います。



南里さんの授業は、先日国立演芸場で聞いた木久扇の落語と同じか、いや、それ以上に愉快でした!
(N様)



12時間修了して、やっと一目置かれるためのスタートラインに立てた気がしています。
芯の通った、猫に一目置かれる人間めざしている最中です。
(5月31日 全過程修了 H様)



あんなに広~いお部屋でも、工夫しだいで家具を置かないで暮らせるんですね。
帰ってきたら急にモノが捨てたくなりました。

受講者の皆さんたちと
「こういう出会いを作ってくれる南里さんに感謝ですよね!」と話しながら駅まで一緒に帰りました。
セミナー中、セミナー後のみなさんの顔が本当にニコニコでキラキラで、
そういう姿を見られた自分もまたすんごく幸せでした。
(5月29日 金曜コース Z様)



ボリューム満点の講義でしたが、
なんりさんの楽しいお話であっという間に終わってしまいました。

まずご機嫌元気に一緒に生きていくことが大事なんだなと感じました。
私もあいちゃんにご機嫌をたくさんあげられるようになりたいです。

それから「虹のたもとへ」の講義は
考えただけで不安で涙が出る出来事が、
あたたかい涙で考えることができるようになり、うれしかったです。
(鎌倉市 H様)


d0083729_2055423.jpg



脱線や余談も楽しくて、とてもためになりました。
授業料千円はとってもリーズナブルですね。

大事なのは、日々の注意深い観察と集中力
そして、自分自身なのだとよくわかりました。
あとは、常に最新の情報をつかむようにアンテナを張ることと
情報を取捨選択する力が必要だと感じました。
(横浜市 N様)



本日の猫の学校は、南里さんから実に興味深い猫の、いや、猫だけでなく、私たち自身の生き方のお話をたくさんうかがうことが出来て、
とても充実した4時間でした。
また、一度にたくさんの猫のお母さん達から様々なご意見を聞くこと
が出来て、な~るほど!と思うことしきりで、とても楽しかったです。

一年で一番気持ちのよい季節の昼下がりと言う時間にもかかわらず、
眠くなどなってはいられない4時間があっと言う間でした。

いやぁ、ほんとに今日は楽しかったです。有り難うございました!
(江戸川区 N様)


d0083729_21214165.jpg


[PR]
by csinfo | 2009-05-13 15:49 | WS参加者の声
<< 猫びより 7月号 猫びより 5月号 >>