猫の森株式会社と南里秀子のメディア関連情報をお伝えします
by csinfo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
猫の森株式会社猫の森

なんりひでこのBlogブログ南里秀子のご機嫌元気のバナー

猫の森Blogキャットシッタースタッフブログ猫の森だよりのバナー

猫族ワークショップ@関西猫族ワークショップ関西のバナー

なんりひでこの猫よろず相談





キャットシッター猫の森
公式Blog
キャットシッター猫の森ブログバナー
山田貴子が毎日更新
ライフログ
カテゴリ
全体
メディア紹介
猫スクール参加者の声
最新ニュース
ワークショップ
イベント
採用情報
未分類
検索
記事ランキング
画像一覧

カテゴリ:猫スクール参加者の声( 10 )
猫住まい専科 受講者の声
いろいろ参考にさせていただき、備長炭と盛り塩を取り入れ、
埃っぽい場所を綺麗にし、換気して、不要なものを処分して、、
と、取り組んでおります。

中でも、ダイケンの畳について教えていただき、ありがたかったです。
畳の張り替えをずっーーっと考えていたので、
実際に使われている南里さんの情報以上のものはない!と、
もう早速張り替えました!!!

実は少し前に、我が家の猫、2匹いるうちの1匹が5歳で腎臓の数値が悪いことが分かり、
とても辛い気持ちでしたが、家をキレイにして前向きに頑張ろうと思いました。

張り替えた畳の部屋の写真を送ります!
d0083729_13510291.jpg
また機会がありましたら猫の森のセミナーに参加させていただきます。ありがとうございました。
(I.J様)

[PR]
by csinfo | 2018-09-23 13:52 | 猫スクール参加者の声
猫の學校 受講者の声 続々!!
後半の授業を受講して、自分がいかに狭い視野で物事をとらえているか考えさせられました。
食事は基本中の基本だと思っていましたが、
外国産のねこのごはんに使われているお水は
果たして日本と同じくらい安全と言えるのか、
猫のお手入れは義務感ではなく
コミュニケーションを楽しむ気持ちでやれているか、
個々の猫の健康状態を把握するために
日頃から口、耳、肛門の臭いも覚えているか等々、
日々、五感を使うことが大切だと改めて気づかされました。

南里校長の情熱的なお話にいつも胸がいっぱいになります。
気持ちが揺れるのは、自然なこと、
死ぬまでもがき、あがきそれを見せることが大切といったお言葉。
心に響きました。
無事に修了証書をいただいて猫の森31訓を帰りのバスの中で読みました。
猫の学校は修了しましたが、生後半年で虹の橋を渡った愛猫こはだへの償いの旅が
今ここから始まるようなそんな気持ちになりました。
決して苦しく険しい旅ではなく、
学びをやめないキラキラと輝くような楽しい旅になることでしょう。
(F.A様)


講座と座談会に参加させていただきありがとうございました。
感想ですが
・座談会は毎回あった方が良い。
・講座が3日でまとまっていて、忙しくて通いやすかった。
・たくさんの猫様のお話を聞けて学ん だり安心できました。
・使ってない便利アイテムを教えていただけて、今後のお手入れなどが楽になり質があがりそうです。

昨日購入したコームは、ブラッシングが苦手なウチの虎太も多少は気に入ってくれたようです。
(S.T様)


いろんな本やテレビ・インターネットなどで
自分が少しずれている?少数派?と思っている部分が多くて
でも、猫の學校に行ったら これでいいんだ・大丈夫だと
こころが軽くなるところがたくさんありました。

2日間、そばにいてくれた ちいちいにも たくさんの事を教わりました。
ありがとう、ちいちい(他の猫師匠にもたくさん感謝しています)

2日間は本当に本当に楽しい時間でした。
いつか自分が猫のわの中でできることがあるかも・・・と
そう思っています。

(H.F様)


南里さんのお話はまさに、生きた授業と言った感じで
例外なく私も目ウロコを実感させて頂きました(笑)

堅苦しい講義ではなく笑いあり涙あり、可愛らしい猫師匠たちと共に、
また素敵な猫仲間様たちとも貴重な意見交換ができとても充実した2日間でした。

南里さんのお話は、どこかからの聞きかじりは一切なく
すべてご自分の目と感性で感じ取り、疑問は現場へ直接赴いて確認する等、
実体験に基づいた知識を私たちに与えてくれますので言葉の一つ一つに大変重みがあります。

また、猫に関することだけでなく自分自身を見つめ直す機会を与えて下さったことも感謝しています。
Oリングテストの「すみません、ありがとう」で、
私はありがとうの時にOリングが開いてしまいまして…。
実は私はこれまで、家族に対しては感謝の言葉を伝えるのが苦手で
はっきり言葉に出して表現する事があまりありませんでした。
その深層心理が表面化した瞬間だったのかも?恐るべしOリングテスト!(笑)

参加前は不安もありましたが、終わってみると充足感でいっぱいです。
今回得た知識を基に、猫たちから一目置かれる存在になれるよう頑張ります!

ご機嫌元気な出会いに感謝☆
(Y.H様)


楽しいお話を聞きながら「あ~、なるほど!」とメモをとったり、
うちの猫のことを考えてみたり、
またしてもとても楽しいひとときでした。

心の中にくすぶっていた小さな不安が解消し、
猫と私の生活がどんどん幸せになっていることを実感しています。
どうもありがとうございます。

来月の「後編」の受講がとても楽しみです。
(M.M様)


テキストの内容も十分充実したもので楽しく有意義な學びになり、
さらにラッキーなことに今回は桜舎開催の回に入れて、
なんりさん+猫師匠特別出演のねこ友実演、爪切り&コーミング実演は特に勉強になりました!
目標は猫にウケる(一目置かれる)同居人、今回の學びをもとに実現させたいです♪
(T.K様


あっという間の2日間で、とても楽しく沢山のことを学ぶことが出来ました。
この2日間は、私にとって大きな財産になったと思います。
以前受講された方の「生き方変わる」の一言は本当でした。

猫の生涯を供に経験していないとわからない貴重なお話を沢山語って下さったことや、
生活面での些細な相談等に丁寧にご回答をくださり、本当にありがとうございます。
桜舎はとっても居心地が良いため、ついつい色んなことを聞いてしまい、
かなり不躾な質問をしたと反省しております。大変失礼致しました。

猫族(妄想族)の方と気持ちをシェアすると格別なスッキリ感がありますね。不思議です。
とても楽しく過ごすことが出来ました。

また是非猫の森ワークショップに参加したいです。
(M.S様)


再受講ですが、講座はやはりめちゃくちゃ楽しくためになりました。
変わらず落語を聞いているようにテンポがいいので、あっという間に夕方になっていました。
もっと早く来ればよかったなぁと思いました。

二日目の今日も更に気付きと偶然の連続で、やはり猫の森は不思議、
来ると必ず何か得るものと同時に、あらたな自分自身への課題が生まれます。

また、なるほどと思わされたのは、手当てによる癒しのお話で、
私も日頃から手当ての力を感じているのですが、
7年前父が亡くなる前に、病院でなんとか私のハンドパワーで治してみせるとばかりに
父の手や足にずっと手を当てていました。

ところが寝ているはずの父が、足を私の手から遠ざけようとしたのです。
無知な私は、その足をまた戻して手当てを続けました。
しかし、あれはもういいよ、と言う父のサインだったのかも知れません。
彼らの自然治癒力を信頼することが大事だったのですね。

他にもたくさんの気付きがあり、昨日に続きとても濃密な時間を過ごすことが出来ました。
(M.N様)




私は「猫の學校」前編に参加してきました。

學校の「學」という文字がなぜ難しい方の漢字なんだろう・・・?
と、不思議でした。
その答えは、第1話の一番最初に解明されました。

とてもとても楽しい一日でした!

ここで、感じたこと、学んだことを上手く言葉にするには、
もう少し時間が必要な気がします。
猫のことって、相談する相手がなかなかいなくて、
色々と行き詰ってしまいそうなことがありましたが、
ワークショップを終えたあと、「ああ、大丈夫なんだ」と思えている自分がいます。

確実に言えるのは、南里さんのあの笑顔と、可愛い猫ちゃんたちに出会うだけでも、
参加する価値があるということです。

不思議なことが。
他の猫のにおいをたっぷりつけて帰宅したのに、
2匹とも、あまり怒りませんでした。不思議不思議。

楽しかった~
後編も必ず参加します。
(A.K様)



南里さんのお話は愉しくて愉しくて、
二日ともずっと笑っていたような気がします。
でも、愉しいだけではありませんでした。
わたしなどがこんなことを言うのは失礼かもしれませんが、
南里さんのことば、声、姿、仕種、すべてから滲み出てくる
猫さんたちにたいする想いを体感させていただいたのは、
なにより貴重な体験だったと思います。
南里さんを見あげるなっちゃんの、うっとりするような眼差し。
それを見て、わたしまでうっとりしてしまいました。
(じつは、恥ずかしながら、うるうるっときてしまいました)
ゆたかな時間をありがとうございました。

尻尾のある彼らと接していつも感じるのは、
その「受け容れる力」の大きさです。
懐が深い、というのでしょうか。
気づくと奥歯をぎりぎりと噛みしめていることの多い日常でも
彼らと一緒にいる時間は、笑顔しか出てこないんですよね。
自然と、ありがとう、ということばを口にしている自分がいます。
猫とともに人間も学べる猫の學校。腰パンもさせてもらえて嬉しかった。
感動、感激、感謝という校訓がまっすぐ胸に迫ってきた二日間でした。
(R.S様)



今日は本当に楽しかったです。
そして、とても心地が良く、素敵な時間を過ごせました。
また、遊びに(お勉強?)に行かせていただきます。

スガイさんの初仕事終了日に立ち会えた事も嬉しかったです。
あの可愛らしいお顔に、ハラハラ落ちる涙、気持ちが伝わってきて
こっそり、目頭をぬぐってしまいました。

たった1回しか受講していないくせに、こう言うのもなんですが、
南里さん、猫の森を作ってくださってありがとう!
預ける猫もいない、また、シッターでもない私なのですが、帰宅途中、ずーっと
その感謝の気持ちでいっぱいでした。
(M.M様)



大変興味深いお話を沢山お聞きすることが出来、
とても有意義な時間を過ごすことができました。
南里先生のお話を聞いて、これからの私の生活も良いほうに
どんどん変わっていく予感がしております。

ところで、実は今日の帰宅途中、同じ敷地内に住んでいる姉から
姉の猫が行方不明になってしまったというメールが飛び込んできました。

おそらく半べそをかきながら愛猫を探しているであろう姉に、
「大丈夫!避妊した猫はテリトリー20mくらいだそうだから、
近くを探せばきっといるよ!」とメールを返すことができ、
帰宅後、昨日教わったばかりの捜索方法でしばらく一緒に捜索しました。

そして、近所を一周して家に戻ったところ、ひょっこり庭から出てきて、
自分から部屋に戻っていきました。(庭は一番最初に探したはずなのですが・・・)

落ち着いて励ましたり捜索できたのも、昨日お話を聞いていたからです。
こんなに早く役に立つなんて!感謝を申し上げたく、メールをいたしました。
ありがとうございました。

猫の学校 修了生 57番



「もっとしてあげられる事があるはず」「良い飼い主になりたい」と
猫の學校に参加させて頂きましたが
受講を終えて「仲良くやろうぜ同居人」でいっかぁ~と思ってます。
ご参加のみなさんの悩みを聞いてみると、私ってあんまり猫の事で困ってないなあと
も。
せいぜい体型がツチノコな位で…

来年15歳なので厄年に気を付けて
(良く思い出したら脚を痛くしたのが12歳です!猫の厄年当たってると思います)
少しでも長く時間を共有したいと思います。



南里さんの授業は、先日国立演芸場で聞いた木久扇の落語と同じか、いや、それ以上に愉快でした!
(N様)



12時間修了して、やっと一目置かれるためのスタートラインに立てた気がしています。
芯の通った、猫に一目置かれる人間めざしている最中です。
(5月31日 全過程修了 H様)



あんなに広~いお部屋でも、工夫しだいで家具を置かないで暮らせるんですね。
帰ってきたら急にモノが捨てたくなりました。

受講者の皆さんたちと
「こういう出会いを作ってくれる南里さんに感謝ですよね!」と話しながら駅まで一緒に帰りました。
セミナー中、セミナー後のみなさんの顔が本当にニコニコでキラキラで、
そういう姿を見られた自分もまたすんごく幸せでした。
(5月29日 金曜コース Z様)



ボリューム満点の講義でしたが、
なんりさんの楽しいお話であっという間に終わってしまいました。

まずご機嫌元気に一緒に生きていくことが大事なんだなと感じました。
私もあいちゃんにご機嫌をたくさんあげられるようになりたいです。

それから「虹のたもとへ」の講義は
考えただけで不安で涙が出る出来事が、
あたたかい涙で考えることができるようになり、うれしかったです。
(鎌倉市 H様)


脱線や余談も楽しくて、とてもためになりました。
授業料千円はとってもリーズナブルですね。

大事なのは、日々の注意深い観察と集中力
そして、自分自身なのだとよくわかりました。
あとは、常に最新の情報をつかむようにアンテナを張ることと
情報を取捨選択する力が必要だと感じました。
(横浜市 N様)



本日の猫の学校は、南里さんから実に興味深い猫の、いや、猫だけでなく、私たち自身の生き方のお話をたくさんうかがうことが出来て、
とても充実した4時間でした。
また、一度にたくさんの猫のお母さん達から様々なご意見を聞くこと
が出来て、な~るほど!と思うことしきりで、とても楽しかったです。

一年で一番気持ちのよい季節の昼下がりと言う時間にもかかわらず、
眠くなどなってはいられない4時間があっと言う間でした。

いやぁ、ほんとに今日は楽しかったです。有り難うございました!
(江戸川区 N様)


[PR]
by csinfo | 2018-09-23 13:41 | 猫スクール参加者の声
猫よろず相談48 参加者の声
今日初参加です。
楽しいワークショップありがとうございました。

オス16才のニャンズ×2(他人猫)と暮らしています。
1匹はガンになりましたが、食欲も少しずつ戻ってきて様子見しています。
もう1匹はデブちんの遊び好きなのですが、片手間に遊んでいたので、
帰ったらちゃんと遊んでみようと思います。

南里先生のバイタリティと細やかな猫への気持ち、
私も自然の一部なんだなぁと思うと、猫は自分ともっと近い存在だなと思いました。

ありがとうございました!
来月も楽しみにしています。
(K.K様)

講話では、本当に沢山の猫さんのお話を伺い、
みなそれぞれで、それぞれの個性が素敵なのだと、
お題目ではなく、ストンと身体に入っていくように感じました。
桜舎のさわやかな気の流れる中で、皆さんと
猫談Timeを過ごせたのも本当に楽しかったです。

そのおかげでしょうか、帰宅して、長時間留守番させていたのに
猫たちが何故かご機嫌で、同じ追いかけっこも、ステップが軽やかで、
スキップするようで身体がのびのびしていました。
そして、晩に一緒にうたたねしていたら、私のお腹で初の猫団子になりました!

そして、今日の鳴き声の様子も、甘えたり、要求したり、
なんだか色々違うことを言っているように聞こえます。
私の聴き方の変化だけでは無いようです。

私が変わると猫もかわるのだなあと、つくづく感じた次第で、
あまり嬉しくて、ご報告させて頂きました。
今後も、猫共々成長していきたいです。

HPを見て、迷っていたところに絶妙なタイミングで
お誘いメールをいただき、導かれたように参加して本当に良かったです。

レスキュークリームの威力も絶大で、2年以上続いた皮膚炎が、
もう改善しています。驚きです。
(E.N様)


今日の講座で本当のquality of lifeを考えてあげるためのヒントを頂きました。
ついつい健康や病気の改善を優先させてしまい、それが当然と思い込んでいました。
でも、必ずしもそうではなく、「好きなようにさせてあげていい!」ということに
気づかされました。
今一緒に暮らしている3匹の猫達について、それぞれの子にとって何が快適で楽しい猫生なのか、
習慣にしていることを点検してみます。

今回は久しぶりに「猫の森」の講座に参加して、周りの方々が猫好きかどうかを
全く気にせずに居られる空間の良さを感じながら、
参加された皆さんのお話も併せて伺うことができ、参考になりました。

今後も様々なヒントを頂くため折々に参加させて頂きたいと思っておりますので、
どうぞ宜しくお願い致します。
Y.M様)



正直なところ【猫の森】は

『レベルが高いところ』
『お金持ちしか行っちゃだめなところかも』
『何か色々買わされるところだったらどうしよう!』

と色々失礼な妄想をしておりました。
警戒心が強い私はバリアを張りまくって、いざ猫の森へ!

しかしその先入観はすぐに南里さんのパンチのあるテンポの良いレクチャーで破られ、
もっと聞きたいもっと聞きたい!!と夢中になっていました。

そして、南里さんのちぃちぃちゃんやクマちゃんの接し方をみて、
大変失礼な言い方ですが、本当に猫を愛していらっしゃるんだなぁ、と思いました。

昨日南里さんがおっしゃった言葉で、印象に残ったフレーズがいくつかあります。

『全ては繋がっている。』
『余計なものは加えない。』
『猫が私たちを成長させてくれている。』
『猫が私たちを選んでくれた。』

日々の猫たちとの生活で分かっているはずなのに…

改めて人から言葉にして言われると、頭の中で混乱していたものが
整理されていくような感覚を味わいました。

モヤモヤと『これでいいのかなぁ?』と思っていたことが、
『大丈夫なんだ。』とスッキリしました。

そしてなかなか猫友達というのは会わないもので、
昨日は皆さんとお話し出来て楽しかったです!!
時間が経つのがあっという間でした!
(C.H様)

[PR]
by csinfo | 2018-09-23 13:21 | 猫スクール参加者の声
初ねこ倶楽部 参加者の声
今回、初めての大阪での講座受講となりましたが、我が家にいる6匹の猫のうち2匹は、
講座開催地である泉大津から京都に来たこともあり、なんだか大きな縁を感じながらの参加となりました。

今回は用事があり行けませんでしたが、翌日の講座の豊中も実家のある所ですし、
なんだろ?このシンクロ・・という感じです。
でも、猫縁っていうことではミステリーな事象が多いので、それも流れのうちなんだろうって思っています。

猫と暮らす歴はまだ短いですが、一挙に6匹の猫に縁があり、やはり一緒に暮らす以上は猫学を極めようと思い、
6月の東京の住まい専科デビューから、今回、初ねこ倶楽部、猫巡礼88の受講となりました。

今回も受講して思うことは、前回と同様、とにかく毎日パワフルに生きることの素晴らしさ。
まさしく先生をはじめ猫の森で出会う方々は、その道まっしぐらですね。

そして、今回、先生のお話で一番響いた言葉は、「後悔しない」と「取り越し苦労をしない」ということです。

猫との暮らし方の講座ですが、猫と暮らすためには、まず我が身の問題解決を図らないと、
人間&猫が一つの屋根で共に幸せに暮らすことはできないのだろうなということを学びました。

猫との暮らし方の中で、猫の特性、習性などの基本的なことは、
何も知らないではなく、基本的なことは当たり前に学ばないといけないと思いますが、
その知識よりも本当に大切なことは、自分の感受性を磨くことだなと講座を受け思いました。

人間をコントロールしようとするよりも、もっと難しいのが猫をコントロールしようと思うこと。
言葉というツールが使えないだけに心と心の対話をしないと理解する関係にはなり得ません。
猫をどうにかしようというコントロールを手放すと、猫暮らしをゲーム感覚で楽しめるのだと思いますし、
人間の鈍った動物的感覚を呼び起こす五感プラス六感が働き出すように思います。

そういうことも学べた今回講座、頭でっかちで動くのではなく、身体の微細な感覚を使って動くこと、
多分これが南里先生の猫学の広がりの先にあるものかと思いました。

猫学から人間学・・そして哲学的な極みに・・。そこが先生の講座の素晴らしさだと思います。

そして、画一的な勉強ではない講座。そう、よくよく考えれば、猫が住む家の環境、
その家の中の人間、そしてそこで暮らす猫の状況など、どれ一つとして同じものはなく、
やはり猫と暮らす人間が、猫縁を通して人間の幅を広げ、
快適で幸せを感じる生活を構築していくことが大切だからだと思いました。

初ねこ倶楽部に続き受講した猫巡礼88は、南里先生が猫楠舎セブンと暮らす中で、
様々な出来事を通じて、心の巡礼をされているのだと思いました。

私も、6匹の猫を迎えるにあたって、やはり心の巡礼の旅だと感じていたので、
これからもその旅を続けていくことを楽しんでいこうという気になりました。

そして、今回、泉大津に行く電車の中で、大鳥大社の看板を見て、
かつて大鳥大社にお参りをした際に、日本武尊の銅像の前に猫が寝ており、
銅像と猫の写真を撮ったことを思い出しました。
今に至る猫縁があの頃から伏線であったことを確信しました。

また、それと共に、今回の猫との暮らし方勉強の縁から今回は高野山縁に繋がる方との出会いがあり、
いよいよ猫縁からの繋がりの縁に感謝しました。

猫を通しての自分磨きの旅、これからどのように自分が変化していけるのか楽しみです。

(O.M様)大阪会場

[PR]
by csinfo | 2018-09-23 13:07 | 猫スクール参加者の声
猫を知りたい 参加者の声
ワークショップに参加させていただいたことで、
不安と動揺に陥りがちだった気持ちが、時間が経つごとに薄らいできたように感じます。
帰り道、気分がフワッとして2回も電車の駅を降り間違えてしまいました。

これからの猫さんとの生活で、今日の経験を自分の中に取り込めていけたら
幸せだなぁと思っております。
本当にありがとうございました。

猫さんを迎えて最初の2週間は、猫さんの一挙一動に取り乱す自分に
驚くほどハラハラドキドキしていました。
「育児ノイローゼってこんな感じなのかしら」と、私にとって未経験だった
育児の大変さを少し味わえたと今ではラッキーに思っております。

南里さんの沢山のご経験から生まれたアドバイスや、
ワークショップに参加された方々のドキドキ経験を伺って、
私だけの特別な経験ではないことがわかり、気持ちがとてもかるくなりました。

今では猫さんの寝顔を見ながら、夫と晩酌を楽しむまでになりました。
猫さんをお迎えしたいと考えていらっしゃる方に、直接猫さんライフをおすすめしたかったです。

また桜舎でのワークショップに参加させていただきたいと思っております。
またよろしくお願いいたします。
(C.H様)

[PR]
by csinfo | 2014-11-11 12:14 | 猫スクール参加者の声
『猫と暮らせば』最年少 受講者の声
9月の猫と暮らせばのセミナーに親子で参加させて頂きました。
南里先生の講義は楽しく温かいものでした。

紙芝居もやって下さってありがとうございます。
息子は手裏剣ももちゃんの話が一番好きみたいです。
ブログにも書いて下さり嬉しかったです。
後半も参加するのを親子で楽しみにしていますので、
またその時はよろしくお願いします。

Rくん、Rくんのお母様、ありがとうございました。
[PR]
by csinfo | 2012-10-08 23:20 | 猫スクール参加者の声
ご機嫌塾/元気道場 受講者の声
ご機嫌塾を受講しました。
貴重な2日間をありがとうございました。

受講後この1週間、上手く表現が出来ないのですが、
今まで使ってこなかった五感を引き出して頂き、自分が今いる環境を感覚で捉えようとしているのか、
職場や自分の家の中が今までと少し違う感じがしています。
気づいたのは自分の環境や持ち物すべてに、もっと手入れが必要だということです。

家族の持ち物・スペースや経済的な理由で、すべてを買い替える所まで出来ない部分もありますが、
余計なモノの引き算を、今後も試行錯誤を繰り返しながら実践していきます。
無意識でそれが出来るようになった時の自分に会えるのが楽しみです。

また、神宮散歩でレクチャー頂いた歩き方とカラダの温め方は、すぐ出来ることだったので今も実践中です。
さすがに長年の癖で気づくと背中が丸くなっていたりしょっちゅうですが、
1日が終わった時のカラダの疲れ方が、少し軽くなっている様な感じがしています。

一緒に受講されたお二人にも私自身にも、まだ引き出しきれていない素晴らしい力がある!
ご機嫌塾を通してなんりさんに見せて頂き、勇気を頂きました!

また、元気道場や木曜倶楽部で学ばせて頂きたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
(T.K様)


ご機嫌塾に参加させていただきました。

行く前は、私は未熟だから厳しい事を体験したり怒られる覚悟で行きましたが
とても楽しかったです。

学校では教えてくれないことばかりなのに、
大学4年間全ての授業を一気に味わったような感覚になりました。

私は他人と比べて劣等感を持ってしまうことが多かったので、
南里さんの「桜は梅が先に咲いても焦らない」の言葉で楽になりました。

妄想ばかりして馬鹿にされてきましたが、
アホな妄想をどんどんしていくのは良いことだと知って嬉しくなりました。
実は、明治神宮で上を見上げて、木だけの世界を見た時に何回も泣きそうになりました。
これも自然に帰った喜びや、コンクリートの中で押しつぶされそうになっている
心の叫びなのかと思いました。

2日間たくさんの南里さんの想いに触れて幸せでした、ありがとうございます。
(N.S様)


4日間の元気道場で私たちにお付き合いいただき、
楽しい時間をリードしてくださいましてありがとうございました。

365訓をみんなで共有することができ、ご機嫌塾からさらに一歩
皆さんに近づくことができたように思います。

Lisnやファーマーズマーケットでの楽しい時間、お達者倶楽部の皆さんも
一緒に過ごした時間なども併せて、この次にまたお目にかかるまで何度も
噛みしめて自分の体の一部になるようにしたいです。
(A.Y様)


昨日と本日のご機嫌塾で、再び楽しい時間を過ごすことができました。
どうもありがとうございました。

笑ってばかりいた2日間でした。

受講しながらたくさんの課題を与えられて、授業の内容を消化するのに
まだ時間がかかりそうです。
テキストや個性心理學などを読み返し、南里さんや他の皆さんのお話を
思い出しながら噛みしめてみたいと思っています。

なかなか映画や舞台を観に行くことができなくなっていますが、せめて
DVDででも映画を観る時間をたくさん取りたいです。

書きたいことはたくさんありますが、次回お目にかかった時のために
取っておきますね。

2日間たくさん教えていただき、たくさん笑わせてくださって
ありがとうございました!
(Y.A様)


中身の濃い充実した二日間でした。
「あ、こーゆーことなの?!」と自分が変わりつつあるのを実感しています。
(M.Y様)


ご機嫌塾、元気道場前半、と受けていく中で、どんどん心が元気になってきています。
ありがとうございます。
(K.N様)


[PR]
by csinfo | 2011-09-20 09:50 | 猫スクール参加者の声
猫巡礼88 参加者の感想
南里先生

初参加の猫巡礼、楽しかったです。

わたしの廻りには猫のことについて教えてもらえる人があまりいなくて、
いろいろ考えていましたが、
先生の話を聞かせてもらい、
悩んでいたことが解決して、
心の隅にいつもあった後悔が晴れて、
今まで猫のことで、もしかしたら きっとそうかも・・・と思っていたことが
先生も同じことを感じていらっしゃるんだとわかり、
自分の感じ方の正解を確信しました。

一人暮らしなので、あの暖かい家庭的な
雰囲気にもとても癒されました。

先生のたくさんの猫たちとの出会いは、それに伴いたくさんの人にも
出会ってきたということなんですね。
猫の話以上に人の心も癒すことのできるお人柄に感銘を受けました。

一日潰してどこかに出かけたことがないんですが、
今回、頑張って出かけて行って良かったと感じました。
ぜひまた参加します。
本当にありがとうございました!


C・Tさん


[PR]
by csinfo | 2011-01-19 22:03 | 猫スクール参加者の声
猫の學校 パート2 受講者の感想
本日もお散歩からスーパーねこ友作りまで
楽しい時間をありがとうございました。
お散歩では落ち葉をつかまえられなくて悔しいです。
このままではくの一になれませんね(笑)。
まったくしなやかさに欠ける私のスーパーねこ友でも
ホッピーが狂ったように遊んでくれました!

シルバーとの別れから1年半以上過ぎ、日常の生活を
普通に送ってはいるものの、心の中の引き出しの中でも
一番手前にまだこの悲しみは隠れていて、ほんのちょっと
したことでも悲しみがあふれ出てきてしまいます。
本当の意味で「さよなら、またね」と言えない自分がいます、、、。
でもその気持ちは仕方がないので無理に押さえつけず、
泣きたい時は泣けば良いのですよね、きっと。


Y.Sさんより、詳細レポートをいただきました。⇒ここをクリック(PDFが開きます)

お散歩も、お昼御飯もコラージュも何もかも楽しかったです。
4月の受講をためらったのは、「さよなら、またね」が
あったからなのですが、今回お話を聞いて自分と向き合って
永遠ちゃんの死をまだまだ乗り越えてはいないことがよくわかりました。
銀次を迎えて一緒に暮らして、ご機嫌元気でいることと
永遠ちゃんの死を乗り越えることは、まったく別のことなのですね。
まだ冊子を読む勇気が出ないのですが、いずれきちんと読みたいと思います。

ねこ友を編むのが、なかなか上達しなくてちょっとがっくり。
売り物にできるくらいのものを作れるようになって、
お手伝いできたらいいなぁとか野望があるのですが
この調子だといつになることやら。

猫學Part2、ぜひまた参加したいと思います。
ありがとうございました。


いつもの座学から抜け出し、はじめての屋外授業からスタートし、
「どんな感じなんだろう?」と思っていましたが、お散歩セミナーの
楽しさにいつの間に頭で考える言うことをやめ、身体で土や風や匂い
を感じるようになっていました。
たくさん歩いてお腹が空いた、素敵なレストランでランチよ!何を食
べようかな?と思って、気づいたら2日間続いていた頭痛が治ってい
ました!私は頭でっかちで、いくら「いいだろう?」と言われても、
なかなか暗示などにはかからないのですが、昨日は心底気持ちいいと
実感したからですね。

自然の中で心身を緩めることを教えていただいて、多分いつもゾロゾ
ロと抱え込んで歩いている要らないものから一瞬手が離れて、その後
のコラージュで好きなものだけをもう一度再確認して、また、虹のた
もとに行った子に本当にしてあげたかったことは何だったかも思い出
せたのだと思います。

昨日は6時間ほどでしたが、南里さんにいろんなお話をしていただいたり、
みんなで「そうだよね」と気づいたこと、自分の中の素直な自分と話をしたこと、
ほんとに濃密な時間でした。
今まで出たセミナー、例えばフランクリン コヴィーの「七つの習慣」
のようなセミナーよりも、ずっとずっと昨日の猫学パート2は私にと
って有意義でした。
南里さんのセミナーは心に入ってくるので、いつかまた必ずそ
れを実感する時が必ず来ます。

猫学パート2を企画して下さってありがとうございます。


[PR]
by csinfo | 2010-04-26 10:21 | 猫スクール参加者の声
猫ごはんクッキング 参加者の声
手作りごはん。ひぃ。
と、構えて頭デッカチになっていたので、実演を拝見して、
おぉ、できるかも。と思えました。

そして、うちの子は食べてくれるのだろうか。と思いきや、
最初は少し、ん?という感じでしたが、食べてくれました!
ならば!と、さっそく、とり農園にてお試しセット注文しました。

「なまり」はさらに好評で、まさにガツガツといった様子でした。
なんだーこんなことならあと1本いただいたら良かったなぁと。。

また何か参加させていただきたいと思っています。



まず、手作りご飯の結果をご報告します。
食べてくれませんでした!、3日間続けてみましたが残念。
一食の食事を一度に食べない子なので、お米とひき肉が固まってしまいます。

飲み水以外でもう少し水分を摂って、
便を軟らかくしたほうが体の為に良いかなというのが、
今回参加させていただいた理由なので・・・

今晩、食事の主体は今まで通りカリカリで、おやつのシーバの代わりに、
お野菜とお米を煮てすり潰し、なまりぶし入りスープを出してみました。

キレイに飲み干しました!!。
スープを飲んでもらうという発想が無かったので、なんかとっても嬉しいです。
量としてはほんの少しなので、どの程度効果が有るかは判りません。
でも、続けようと思います。



手作りには興味があったのですが、いまひとつイメージがわかなかったので
とても勉強になり、楽しいひと時をありがとうございました。

ところでさっそく、我が家のニャンズ(2匹)にあげたところ、匂いを嗅いだだけでした(涙)
仕方が無いので、缶詰を少量のせたら、ほとんど完食しました♪。

二人の友人の2匹と3匹のニャンズは完食したそうです。

その後、カツオやタラで同じように作ってみたものの、不評でした。
そして今夜は、注文した「鳥農園」でTRYしましたが、なぜか殆ど食べてくれず、、、、。
今までは、お刺身や焼き魚、ささみを茹でただけのものを出していて、食べてくれてたので
あきらめずに、工夫しながら食べてくれるよう、猫の健康の為に頑張りたいと思います。




楽しくお勉強になるお話をありがとうございました。
お土産にいただいたご飯はさっそく今朝温めなおし、我が家の愛猫11才と1才にご試食いただいたところ いきなりの完食(^-^)
嬉しくなってますますやる気が湧いてきました!

勢いづいて夕飯には発芽玄米、まいたけをかつお風味で煮込んだものにかつおの刺身とオイルを入れ和えた物を献上?したのですが評判はイマイチでした(;^_^A
1匹は持病もあるので血液検査の結果と相談しながら無理のないよう手作りご飯にシフトチェンジができればと思い気長にかまえてがんばります。
次回はぜひお魚を使ったレシピも教えて下さい。




先日はセミナーに参加させていただきましてありがとうございました。
たっいへんに勉強になりました。大変楽しく学べてとても気持ちよく家路に迎えました。
またお土産でいただきましたご飯を我が家の猫'sにあげたところ

「完食」でした。まいったです・・・・

今までと同じ事を繰り返していて、うまくいかないときほんのちょっと5cmばかり視野を広げると
こんなにスムーズに前に流れることもあるのだな・・・・と感動してます。ちょっと大げさですけど・・・

セミナー参加後は内臓系、鶏肉、極少のチキンコンソメ、けずりたての鰹節、エクストラオリーブオイル・・とバランスを重視して、猫's気持ちよいくらい食べてくれるので作りがいがあるっていうものです。
相変わらず猫缶トッピングはしておりますが、今までの半分の量、をあげるだけで十分になりました。
エコにも大変貢献の感動物の手作りご飯です。




先日のおみやげを持ち帰りましたところ
我が家のモモは、においをクンクンかいで
フーンと行ってしまったので、「あーあ、またダメか~」と
思いきや、ダーッと走って戻ってきて、バクバクと食べて
いるではありませんか!!!ビックリしました。

「もうさ、手作りはモモには無理だよ・・・」と言っていた夫も
驚いておりました。

ところが昨夜、先日のレシピで、ご飯を作り、「さーモモちゃーん。ご飯ですよ~」と
あげてみたのですが、またまた、プーンとされて、ストライキしております。
今朝もこりずに、マンマと混ぜてみたのですが、プーンとしております。
夫と、「何がちがうんだろ~」と頭を抱えております。
まだまだ、前途多難ですが、負けないぞー!!!と思っております。




細かいカロリー計算などは必要なく、旬のものを、というお話で
「よし、やってみよう!」という気持ちになりました。
配られた資料のペーパーに何を何グラムとか何分ゆでるとか細かく書いてあるのかなと思ったら、違っててビックリ(笑)。
自分のカンを信じて、あげたあとは猫たちの様子をしっかり観察して、
彼女たちの好みと体質に合うものを探していけばいいという説明に(意訳ですが)大いに納得しました。

いずれは家族3人というか3生物で同じごはんを食べるのが夢です。今回は楽しい機会をありがとうございました。



帰るとシェイディーは、「何持ってるの~」と興味津々
お皿に移し替える前に一口味見をしていました。

ご飯皿についであげると、最近生肉が多かったので
「久しぶりのコトコトスープご飯美味しいにゃ」と
すぐに食べ始めました。そして完食。
我が家のジェラ(犬)もご相伴。
「美味しいわん」と喜んでいました。

皆さんの手作りご飯、体験談が聞けるのも素敵でした。
 CS-near 山本さん




先日のセミナーで「栄養素の計算が難しい=手作りごはんは難しい」という
今までの思い込みを捨てることができたのはとても良かったです。
これからは気軽に、楽しく手作りごはんに挑戦して
いつか「同じ家族の一員として、同じもので出来ている」という幸せを
感じることができればいいなと思います。



我が家のコタロウ(♀)は、頂いた容器の蓋を開けた途端に、
なんと、鼻をひくつかせながら寄って来ました。
でもここまでで、食べるまでは至りませんでした。
但し、嗅覚を大いに刺激したのは間違いありませんので、今後が楽しみです。
(その分、人間が醤油垂らして御飯で美味しくいただきました。)



帰って、早速お土産の手作りご飯に好物のオカカを振りかけたところ、
「これうまそうにゃ!」と何口か食べてくれました。
初めてにしてはいい線行ってるかなと思いました。

猫ご飯の手作り、ずっと興味がありました。
百聞は一見にしかずですね、本当に。
ペガ先生の解説解りやすくてとても参考になりました。またちょっと自信がつきました。

猫ちゃんの健康を維持するための食事の努力は、根気と工夫が大切なんですね。
しかし、この手作り猫ご飯はほんとに人間が食べても美味しい、
と言うか、人間が普段食べているものより遥かに健康的で素材がいい。
美味しくないわけがないですね! いいや、明日カカオくんでなく私が食べちゃうから!
これから少しずつトライしていこうと思います。


今日はありがとうございました。
帰ってすぐ、あげてみたところ、においをくんくん、嗅ぐものの、
二猫ともさっさと離れて、優雅に寝転がったり、お上品に座ったりして、
抗議してすぐに食べてくれる気配はなしでした。その横で私が、半分、おいしく
頂きました。
まあ、予想通りです。
朝まで置いていたら、食べていたような気がするのですが。

で、フードを注文したときに、サンプルでくっついてきた、
サーモン100パーセント(信用すれば)のふりかけを
軽く振りかけたところ、はやとが、全部食べてしまいました。
表面にふりかけるだけだと、普通は、表面だけ食べて、それで終わりなのですが、
お腹がすいていたのもあるけれど、たぶん、おいしかったのでしょうね。
枝豆のかけらを落として、それも一生懸命食べようとしていたので、
結構、いけるかも、とその気になっています。

では、また機会をみて参加させて頂きます。

[PR]
by csinfo | 2009-09-10 18:15 | 猫スクール参加者の声